スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
本格的に寒くなってきました。
 
10月に入っても暑くいつになったら秋が来るのかと思っておりましたが、ようやく秋めいてきました。
やっと秋モノの服も袖を通す機会が増えてくるかと思います。
寒くなってくるとぐっと肌が乾燥してくる季節。こんな時期に何かエエもんないか?というお声を頂きます。そんな時今年はハンドクリームが各社から登場しています。
ハンドクリームなのでヘアケアより手軽にご提案出来、お客様も「少しの贅沢」として気軽にご購入頂きやすい商品かと思います。何より結構長持ちしますので、費用対効果もあります。

そんな中で一押しなにがデミさんの「ヒトヨニ フォーハンド」をご紹介いたします。
http://b-conproducts.jugem.jp/?eid=119

特にローションタイプはベタベタせず手に馴染むのでディスクワークをしながらさっと一吹きするだけで手の乾燥を防ぐ事が出来ます。私も使ってます。
| gamo-kansai | 何かエエもん | - | - | - | - |
各社新商品出揃いました。
 2013年に入って早い?もので既に2か月経とうとしています。年始に新製品がドンと発売されたのですがどれがいいのか解らない方も多いかと思います。
今回は総評を注目度と使える度から独断と偏見でランキングしたいと思います。
(但し個人的見解ですので悪しからず・・・)

金賞
モルトベーネ「プック」
今年出た新商品の中で一番個人的に「いいね!」と思ったのがこのプック。このブログで以前お伝えしましたが、「ポリイオンコンプレックス」の理論を使った処理剤。今までの加水分解のケラチンの処理が前提だった処理剤に新しい風穴を開けたのは素晴らしいの一言。しかも通常の処理剤より効果もあり、コストも高くないので、使用頻度はかなり高くなるのではないかと思います。
http://b-conproducts.jugem.jp/?eid=90

銀賞
ミルボン「プラーミア」
やはり「ミルボン」さんニーズを掴むマーケティングには恐れいります。
「アンチエイジング」に対応すべき商品が少なかったのですがこのプラーミアはそうしたニーズに対応できる数少ない商品。このブログでも掲載後過去最高のアクセス数を記録し、皆様の関心の高さが伺えました。発売後も好調な滑り出しをしています。
http://b-conproducts.jugem.jp/?cid=8

銅賞
ルベル「ジ・オ」
銀賞のプラーミアと悩みましたが、世間の評判がプラーミアが高くこの「ジ・オ」は銅賞にしてしましましたが、これも今まで市場として攻めてなかった「男性」をターゲットにした商品。増加しつつあるメンズ市場に最初に参入したのはかなり評価出来るのではないかと思います。
| gamo-kansai | 何かエエもん | - | - | - | - |
新しカテゴリー追加しました。
 
今回から新しいカテゴリー「何かエエもん」というカテゴリーを追加しました。

自分はこう言っては何ですが「ブランド」ものが好きです。

靴のクロケットジョーンズ・インコテックのパンツ・マッキントッシュのコート等DCブランドに代表されるものではなく、作り手のこだわりやその会社でしか出来ない独特の製法を表すアイコンとして存在する「ブランド」という意味でのブランド好きです。

モノ作りのマスターピース(傑作)として長く愛用できるものの証しとして「のれん」の要素の大きい
意味ですので…

さてそんな前置きはともかく、「ブランド」品に負けず劣らず当然美容業界にも長く愛されるロングセラーの商品があります。 
第1回目にご紹介したのが、サンコールさんの「ミントベル」シャンプー


夏の時期専用のシャンプーなんですが、このミントベル、夏になるとものスゴイ勢いで出て来ます。
まるでサザンオールスターズかTUBE並み!

この商品日本のジメジメした夏に最適な清涼感!しかもケミカルにもこだわり界面活性剤も普通の高級アルコールベースのタイプではなく、「タウリン」がメインの活性剤なので、毛髪にも優しい活性剤を採用してます。まさにヘアケアとスキャルプケアが両方出来る優れモノ!


節電意識もある中で今年はこうした「清涼感」の演出出来る商品がかなり多く出てきていますが、
この「元祖」はこのミントベルなんです!

元祖の持つ底力はすごいですよ! 
| gamo-kansai | 何かエエもん | - | - | - | - |