スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
パーマがかからないカラーが染まらない時
最近またお問い合わせが増えて来てます「染まるトリートメント」のサロンワークへの影響。
利尻昆布トリートメントに代表される商品が市場に出るにつれてこうしたトラブルシューティングに関するお問い合わせが増えてきてます。
以前の記事を再度掲載させて頂きます。ご参考下さい
(ネタを使いまわすな!と言わないで下さい) 


今日は少し真面目はお話しを・・・

最近ちょくちょく「パーマがかからない」・「カラーが全然染まらない」というお問い合わせを頂きます。

「パーマ液が悪いんちゃう?」とか「ヘアカラーおかしいの?」という事をおっしゃるのですが、

実は他の原因が・・・

それは最近通販で人気の「白髪染め(しらが染め)サンカラーマックス」というのを使っている場合が多いです。

この商品、光で白髪が染まるという常識では考えにくい謳い文句の商品。
サイトに載ってました。詳しくはこちらのサイトで見て下さい。

http://www.kenko-gr.co.jp/

 

タネあかしはこの商品に入っている「酸化鉄」という物質。

簡単に言えば髪の表面・場合によっては内部に浸透するやっかいな存在。
(当然ですが、弊社ではこんなもの販売してません)

この「酸化鉄」が美容師さんの仕事を思いっきり邪魔してます。
この酸化鉄の影響でパーマが全然かからなかったり、カラーが緑っぽくなる事が多いのです。

ではこの対処方法ってあるんかな?

あります!

方法は非常に簡単!

薬局などで売っている「イソジンうがい薬」やケガした時に使うヨードチンキ」をパーマやカラーのかからない部分に塗布し。3〜5分放置して下さい。

このイソジンなどに含まれる「ヨウ素」が酸化鉄と反応して、髪から洗い流す作用があるそうです。


| gamo-kansai | 豆知識 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |